novas Home+CA(ノバ)が発売!Uroad-Home2と比較してどっちが良い

novas Home+CA(ノバ)が発売!Uroad-Home2と比較してどっちが良い

novas Home+CA(WiMAXルーター)が発売!Uroad-Home2との比較も

 

novas Home+CA(ノバ)が発売!Uroad-Home2と比較してどっちが良い

 

こんにちは管理人のとらのすけ(仮)です。

 

2016年10月7日にShinsei(シンセイ)社より、新しいWiMAXルーターnovas Home+CAが発売されました。通称ノバで良いのかな??

 

Shinsei社は、今までUroad-Homeに始まり、Uroad-Home2など固定回線の代わりにWiMAX回線を利用できる、ホームタイプのルーターを作っており・・・

 

とうとう新たに後継機が登場しました!!!

 

novas Home+CA(ノバ)が発売!Uroad-Home2と比較してどっちが良い

↑novas(ノバ)

 

というわけで、WiMAXルーターnovas Home+CAの特徴をまとめたいと思います。

 

余談ですが、novas(ノバ)という名称が何とも語呂が悪い&アンテナが2本立っていることから、ノバうさぎ(某英会話スクールのキャラクター)などと呼ばれそうであります(笑)

 

 

Shinsei社とは

novas Home+CA(ノバ)が発売!Uroad-Home2と比較してどっちが良い

 

UQ WiMAXはauの子会社UQコミュニケーションズの手がけるサービスですが、WiMAX自体は世界規格の通信方式であり、日本よりも一歩先にWiMAXサービスを提供していたのが韓国です。

 

そのため、韓国にてWiMAXの端末などの製造に携わっていたShinsei社がその流れでUQ WiMAXのルーターの製造を行っております。

 

韓国のメーカー?知らないよと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、Shinsei社によるWiMAX端末の提供は2009年から行われており、NEC、ファーウェイと並び、WiMAX端末の開発に関してはベテランの企業と言えます。

 

novas Home+CA(ノバ)が発売!Uroad-Home2と比較してどっちが良い

WiMAX初のモバイルルーターを作ったのもShinseiだった!驚

 

nova Home+CA(通称ノバ)の前身機種であるU-Road Home2の発売は2015年3月ですから、だいたい1年と半年ぶりに新しいルーターが発売されたということで、なぜ長らく最新機種が発売されなかったかと言うと正式な理由は不明ですがU-Road Home2の性能に満足されているという方が多かったからではないでしょうか。

 

ホームルーターとモバイルルーターの違い

U-Road Home2の後継機nova Home+CAは、ホームタイプのルーターです。

 

その他NECが発売しているWX02。

 

ファーウェイ社の発売しているW03、W02などは、モバイルタイプのルーターでございます。

 

 

簡単に言うと、ホームルーターと言うのは家用のルーターで、モバイルルーターというのは持ち運びできるルーターです。

 

UQ WiMAXはモバイルワイマックスとも呼ばれているのに、モバイルできないルーターってどうなの?という方、もいらっしゃるかもしれませんが・・・・

 

実はワイマックスサービスは、屋外用で使いたい方、自宅&屋外、自宅のみの方・・・ユーザーさんによって用途はまちまちです。

 

そして、モバイル!WiMAX!と言っている割に、実は自宅の固定回線の代わりにWiMAXを利用するという方も非常に多かったりします。

 

最近では、格安SIM+モバイルルーター、もしくは格安SIM+スマホによるテザリングという選択肢もあるので比率として、固定回線の代わりにWiMAXを使うというユーザーは昔よりも増えてきているのではないでしょうか。

 

WiMAXモバイルルーターと、格安SIMの住み分け

 

 

WiMAXはギガ放題プランを選択すれば大量のパケット通信を自由に行うことができます。対して格安SIMの場合は、〇GBプランのように毎月のパケット容量が決まっております。

 

というわけで、ルーターでがっつり通信を行いたい方はWiMAXルーターが良いです。

 

対して、外で少し通信を行いたいのであれば格安SIM+モバイルルーターが良かったりします。

 

しかし、その用途であればスマホでテザリングしても良いかもしれませんね。

 

また、格安SIMには無制限プランと呼ばれるプランもありますが速度が全然安定しないことから全然無制限ではないとの批判が大変多いです。

 

というわけで、格安SIMの無制限プランは名前だけ立派なハッタリプランであることが多いです。

 

格安SIMの無制限プランの存在意義を考えるとすると、低速ながら制限なしで使えるサービスといった立ち位置ではないでしょうか。
※WiMAXは定額、高速で動画なども快適に利用できるサービスで固定回線代わりにも適しています。

 

Uroad-Home2とnova Home+CA(通称ノバ)の違い

 

novas Home+CA(ノバ)が発売!Uroad-Home2と比較してどっちが良い

↑nova

 

novas Home+CA(ノバ)が発売!Uroad-Home2と比較してどっちが良い

↑uroad-home2

 

URoad-Home2と新製品nova Home+CAを比較して違う点は・・・

 

・大きさ、重さ
・通信規格、下り最大速度
・デザイン
・無線LANの高速化
・同時接続が増えたこと

 

以上の5点です。

 

 

名称 nova Uroad-Home2
大きさ 130x162x69 140x170x53
重さ 317g 311
規格 WiMAX2 WiMAX,WiMAX2
速度 下り最大220Mbps 上り最大10Mbps 下り最大110Mbps、上り最大10Mbps
無線LAN IEEE802.11/a/b/g/n/ac IEEE802.11 a/b/g/n
インターフェース 電源、有線Lan2か所、micro SIM 電源、有線Lan2か所、micro SIM
同時接続 18台 16台

大きさ、重さ

前作のUroad-Home2と比較すると縦横のサイズが若干小さくなり奥行は少し大きくなりました。また、縦横が小さくなったおかげか、部品の改良の為か重さは6gほど軽くなっております。

 

全商品と比較してほとんど変わりないと言えるでしょう。

 

小さいに越したことはないですが、自宅で固定回線代わりに使う製品なので、受信感度や
送信する電波の性能を落としてまで小型化する意味はないと考えたのではないでしょうか。

 

通信規格、下り最大速度

以前の機種Uroad-Home2は、WiMAX回線、WiMAX2回線両方の規格の電波を受信することができました。
そして、今回のnova Home+CA(通称ノバ)はWiMAX2回線のみの対応で、WiMAX回線は利用できません。
2018年には、WiMAX回線は廃止し、WiMAX2のみになるのでそれを見越してのことかと思います。
ちなみにUQコミュニケーションズはWiMAXで利用している回線をWiMAX2の回線に転用しWiMAX2の性能を向上させていっているので、徐々にWiMAX電波は弱くなり、WiMAX2が高速化していく運びなんですね。

 

WiMAXのメリットとWiMAX2のメリット

WiMAX回線は、ギガ放題プランでない通常のプランでも制限なしで利用できる回線です。
その代わり下り最大13.3Mbpsとなりますが安く使えるという点では有利ですね。

 

対してWiMAX2の規格は下り最大220Mbpsで利用できる規格です。
ギガ放題プランで無い場合3日間で3GB、月に7GB以上使うと制限がかかり使えないほどの速度になります。
ギガ放題プランの場合厳密には速度制限はあるものの、インターネットをしたり動画を見る分には快適な通信速度で利用可能です。

 

今後は、WiMAX2が主流になるので、220Mbpsに対応したnova Home+CA(通称ノバ)がオススメですが、Uroad-Homeの生産は終了してしまったので最後の最後でUroad-Home2を買っておきたい!という方は在庫が残っているGMOとくとくBBでの購入がおすすめです。

 



 

デザイン

Uroad-Home2から、nova Home+CA(通称ノバ)になり角ばったデザインから、丸みを帯びたデザインに変化しました。

 

デザイン的には全機種Uroad-Home2の方がこだわりがあるように思えますが(なんとなくガンダムっぽい?モダン?なデザインで男性ウケが良さそう)最新機種、nova Home+CA(通称ノバ)方が当たりさわりがないというか飽きはこなさそう、かつ女性はこちらの方が好きそうな感じがしますね。

 

無線LANの高速化

IEEE802.11 a/b/g/nから、IEEE802.11/a/b/g/n/acになったこと(ac規格が追加された)、アンテナの受信感度が向上したことなどから、通信速度が向上したとされています。

 

また、110Mbps対応から220Mbps対応になったことも大きいでしょう。

 

同時接続が増えたこと

あまり重要でないかもしれませんが、前機種のUroad-Home2から、nova Home+CA(通称ノバ)になり同時接続台数が16台から18台に増えました。

 

前機種は同時に16個のWi-Fi機器と同時接続できましたが、今回の機種では18個の機器と同時接続できるというわけです。

 

nova Home+CA(通称ノバ)のデメリット

デメリットと言いましても、結局使うユーザーさんによりけりでしょうが、こんなところがデメリットになりうる!という点を紹介します。

 

・WiMAX対応はなくなりWiMAX2対応のみになった
・機種のデザイン

 

先ほども書きましたが、この2点でしょう。

 WiMAX対応はなくなりWiMAX2対応のみになった

WiMAXのモバイルルーターはWiMAX対応がどんどん廃止され、Uroad-Home2はWiMAXの電波のみを受信できる最後の機種でした。
ノバになり他の機種と同じように、WiMAX2回線のみの対応になってしまいました。
また、ファーウェイの出しているモバイルルーターのようにauの電波を受信することもできません。
※ただしauの電波を利用しようと思うと+1000円/月額追加で必要

 

またWiMAXは今後使えるエリアが少なくなっていき、速度もどんどん抑えられていくことから今後のことを考えた場合、WiMAX電波に対応していない点はギガ放題プランを申し込んだ場合大した問題ではないと言えます。

 

機種のデザイン

全機種Uroad-Home2は角ばったデザインでしたが、ノバになり丸みを帯びたデザインに変化しました。
この辺の好みも人それぞれだと言えるでしょう。

 

まとめ

Uroad-Home2から、nova Home+CA(通称ノバ)になり変わった点は・・・

・WiMAX廃止、WiMAX2のみ対応
・110Mbps→220Mbps対応
・デザイン
・速度の高速化(受信感度の向上)

 

現状ですと、Uroad-Home2が良い派、novas(ノバ)が良い派に分かれそうですが、長く使っていくと考えるとnovas(ノバ)がオススメですね。

 

novas Home+CAの製造メーカーがWiMAXサービスを始めました!
※他社にない特典あり。
novas WMAX(ノバワイマックス)のキャンペーンと評判

 



novas Home+CA(ノバ)が発売!Uroad-Home2と比較してどっちが良い

↑当サイトWiMAXランキング経由ですと、回線事業主様のご厚意により、公式ホームページよりもお得な条件でお申込み可能ですので、よろしければ参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加