月額の安いWiMAX

月額の安いWiMAX

月額 安い WiMAX?

こんにちは、当サイト管理人のとらのすけ(仮)です。

 

当サイトに月額 安い WiMAXという検索フレーズで訪問された方がいらっしゃったのでそのことについて書こうと思います。

 

月額 安い WiMAXと言われると、月額の安いWiMAXプロバイダはどこ?という意味とも取れますし、WiMAXの月額は他社と比較して安いの?という意味とも取れます

 

後者に関しては、docomo,Softbank,Yモバイルなどの他社モバイルインターネットとWiMAXどちらが安いのかという記事をこちらで書いていますので参考にしてみてください。
docomoよりYモバイルよりも安いWiMAX

 

また、最近話題の格安SIMとWiMAXについてもこちらで検証していますので、参考にしてください。
WiMAX?格安SIM? 固定回線代わりに使うなら・・・

 

格安SIMは複雑?

格安SIMはなんせサービスが多すぎて真剣に向き合いすぎると、けっこうな時間を消耗します。

 

かといってテキトーに選んだら、自分に通信容量があっておらず通信制限がかかってしまったということもあります。

 

逆にけっこうな時間をかけて最適な格安SIMを選んで使ってみたら、思ったより通信スピードが遅かった・・・ですとか、さらに良いサービスが登場した。なんてこともございます。

 

ですのでしっかり通信したい人には、データ通信用としてはオススメできません。とくに動画コンテンツなどのエンターテイメント性のあるコンテンツを楽しみたい方は注意が必要です。

 

ちなみになぜこのようなトラブルが起こるかというと格安SIMは各事業者が比較的自由に参入できるんです。

 

そのため、価格競争が起き、他の会社よりもユーザーを取りたい!と焦る事業者が大げさな広告などで、集客している場合があるからなんです。

 

また、WiMAXの場合ですと、どこの事業者もほぼ同じ通信品質となるのですが・・・

 

格安SIMの場合はMVNO(プロバイダ)ごとに、通信品質の調整が行えてしまうので、契約者はMVNOが原因なのか、回線を貸しているdocomoやauが原因なのかよくわからなくなってしまうんです。
逆に言うと、MVNOは事細かに説明しないことで、自社は悪くありませんというアピールができてしまうのです。
その結果、規制をかけて通信品質をしぼった粗悪な業者の格安SIMサービスも、規制をかけずに良心的な通信品質を提供している健全な業者のサービスも、通信品質や、容量で比較すると同じなのに、契約してみると明らかに品質が違うということもありえるのです。

 

ただし動画コンテンツなどを利用しない、比較的容量が軽いコンテンツなどの閲覧のために格安SIMを利用する。というのは良い選択だと思います。

 

なぜならMVNOサービスの回線はdocomoやauなどを利用しているので、電波が入りにくいということはないからです。

 

ですから、Lineするのとニュース見るくらいしかスマホは使わないのヨ!という方なんかには、格安SIMサービスは良いのではないでしょうか。

 

この場合は音声ありの契約で、他社からのMNP(番号そのままの乗り換え)で格安スマホを持つという方法が良いですね。

 

ちょっと格安SIMの説明を長くし過ぎてしまいました、本題に入ります。

 

 

月額の安いWiMAXはどこ?

WiMAXサービスを提供している会社は20社以上あります。
それで、加入時のキャンペーンなんかも違うわけですが、毎月支払う料金なんかも異なってきます。

 

実際問題、加入時に大きなキャッシュバックを行っているプロバイダであれば、例えば当サイトオススメのSo-netやGMOとくとくBBであれば高額キャッシュバックがあるので、実質月額に換算するとキャッシュバック額で月額がある程度ペイできます。

 

また、月額に差はあるといってもさほど大きく差があることはございません
ですから高額キャッシュバックがあるプロバイダで契約することが正解です。

 

というと、本末転倒なので、各プロバイダごとのギガ放題プランの料金比較表を作成してみましたので参考にしてください。

 

・WiMAXギガ放題プラン月額比較表

プロバイダ名 契約開始月 〜3ヶ月 〜24ヶ月
So-net WiMAX

0円

3,695円

4,180円

GMO とくとくBB

0円

3,609円

4,263円

Biglobe WiMAX

0円

3,895円

4,580円

nifty WiMAX

0円

3,920円

4,600円

UQ WiMAX

0円

3,696円

4,380円

Broad WiMAX

0円

2,856円

3,541円

ヤマダ電機

日割り計算

3,696円

4,380円

ビックカメラ

日割り計算

3,696円

4,380円

ヨドバシカメラ

日割り計算

3,696円

4,380円

※コース料金が必要なプロバイダは、その金額もプラスしています。

 

https://wimax-broad.jp/price.php

月額最安級の定額料金プラン|Broad WiMAX(ブロードワイマックス) via kwout

※Broad WiMAXは激安ですが、申し込み時に初期費用18,857円かかります。

 

So-netの月額が安い

キャッシュバックでペイできるとある程度ペイできると、お伝えしましたが、月額でけっこうかわってくるものですね。
So-netとBiglobeの差額は400円ですから、21ヶ月×400円で計算すると8,400円変わってくることになります。

 

月額も加味してWiMAXを選べばよりお得です。

月額の安いWiMAX

↑当サイトWiMAXランキング経由ですと、回線事業主様のご厚意により、公式ホームページよりもお得な条件でお申込み可能ですので、よろしければ参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加