BIGLOBE WiMAX キャンペーンと評判

BIGLOBE WiMAX キャンペーンと評判

BIGLOBEのキャンペーンは得か

BIGLOBE WiMAX キャンペーンと評判

 

BIGLOBE WiMAXのキャンペーン内容は、Kindle FireHDのプレゼントもしくは、15,000円のキャッシュバックか選択可能というものです。

 

果たして、BIGLOBEWiMAXのキャンペーン、Kindle Fire HDのプレゼントや、15,000円のキャッシュバックは得なのでしょうか??

 

Kindle Fire HDプレゼントキャンペーン内容

BIGLOBE WiMAX キャンペーンと評判

Kindle Fire HD 7の16GBは、Amazonでの価格が18,000円ぐらいなので、15,000円のキャッシュバックを選択するよりもお得です。

 

その上さらに2,000円分商品券もゲットできるので、金額に換算すると約20,000円相当の還元ということで、このキャンペーンはお得でした。

 

BIGLOBEWiMAXのキャンペーンはKindle Fire HD 7 16GBではなく、Kindle Fire HD 6の8GBも選択可能ですが、
Kindle Fire HD 6の8GBの実売価格11,800円で、2000円分のキャッシュバックをプラスしても合計で13,800円分となります。

 

1,5000円キャッシュバックと比較すると1200円ほど損をしますし、Kindle Fire HD 7の16GBと比較すると、
6,000円ほど損をしますので、Kindle Fire HD 7 16GBを選択した方が、還元率で考えると無難ですね。

 

ちなみに、キャッシュバックではなく、Kindle FireHDのプレゼントを選択した場合、Kindle FireHDが受け取れるのは、WiMAXを申し込んでから2〜3週間です。

 

キャッシュバックの場合ですと、WiMAX申し込みから12か月ほどかかるので、早くキャンペーンを受けたい方はタブレットを選択した方が良いでしょう。

 

タブレットのキャンペーンを申し込むメリット
タブレットorキャッシュバック WiMAXのキャンペーンはどちらが良いのか

 

他社も例えばGMOのWiMAXもキャッシュバックが受け取れるのはWiMAX申し込みから12か月後ですし、
キャッシュバックが他のプロバイダよりも早く受け取れるniftyにしても、WiMAX申し込みから9か月後なんですよね。

 

nifty、GMOのWiMAXについて詳しく知りたい方はこちら
nifty WiMAX キャンペーンと評判
GMOのWiMAX キャンペーンと評判

 

マメな方なら良いですけど、当サイト管理人のようにものぐさな方ですと、キャッシュバック申請のことを忘れてしまったりしかねないですし、
お金に余裕のある方なんかも、いちいち時間差でキャッシュバックの申請出すのはめんどくさいと感じると思います。

 

そんな方にはもってこいのキャンペーンだと思います。

 

 

格安SIMセットキャンペーン

BIGLOBE WiMAX キャンペーンと評判

 

また、BIGLOBEは、Kindle Fire HDのキャンペーン、キャッシュバックキャンペーン以外にWiMAX+格安SIM(LTE)キャンペーンを5月31日までやっておりますが、正直これは、還元率で言うとあまり良くありません。

 

内容は月額702円、2年契約ののBIGLOBE SIMが12か月無料で使えるというものです。
※初期費用3,000円はWiMAXの初期費用とは別に支払いが必要。

 

キャンペーンのコンセプトとしては、
自宅にいる奥さんはBIGLOBE WiMAXを使って、仕事で外にいるお父さんはタブレットにBIGLOBEの格安SIMを入れて使うと便利という内容のもので、

 

試みとしては非常におもしろいんですけど、残念ながら得するのは702円/月×12か月=8,424円ですから15,000円のキャッシュバックよりも還元率が低いんですよね。

 

これだったら素直に15,000円のキャッシュバック選んだ方が良いかなと思いましたね。

 

ただしキャッシュバックもらえるのはWiMAX申し込みから12か月後なんですね。
格安SIMは、すぐに使えるようになります。

 

「キャッシュバック待つのも、申請するのもめんどう。今話題の格安SIMってどんなものか気になってたんだよね。」という方のニーズには合致すると思います。

 

キャッシュバックはどこのプロバイダが高い!とか、実質いくら〜とか、それが1番という人ばかりではないと思いますし。

 

実際キャッシュバック合戦があまりにも激化してくると、サポートセンターの人員削減が始まり、

 

さらにはお客さんを縛り付けるため解約したい時にスムーズに解約させてくれないみたいな劣悪な会社も出てきますからね。

 

なので脱価格競争で差別化を図ろうとする、BIGLOBEで申し込むのはある意味正解かもしれませんね。

 

15,000円のキャッシュバック

他社もキャッシュバックのキャンペーンをやってますがBiglobe WiMAXのキャッシュバック金額は15,000円です。

 

例えばniftyですと、20,000円のキャッシュバックを、GMOとくとくBBですと、最大で27,390円のキャッシュバックをやってますから、そこまで得じゃないと言えます。キャッシュバックが受け取れるのも申し込みから12か月後と、そんなに早いわけではないですしね。

 

0円端末

現在Biglobe WiMAXで0円で購入できる端末はW01、WX01、NAD11の三種類です。
W01、WX01を比較!

自宅専用、持ち運べないWiMAXルーターURoad-Home2+はキャンペーン対象外ですのでご注意ください。

 

GMOとくとくBBとSo-netのWiMAXでしたらURoad-Home2+のキャンペーンを受けることができます。

 

URoad-Home2+のキャンペーンについて
URoad-Home2+のキャンペーン

BIGLOBE WiMAXの料金プラン

BIGLOBE WiMAX2+の料金プラン

 

・初期費用
3,000円

 

・料金プラン

プラン名 月額 内容
Flatツープラス ギガ放題 4,380円/月(2年間)

 

月間データ通信制限なし、契約の2ヶ月目、3ヶ月は3,696円/月で利用可能。

Flatツープラス 3,696円/月(2年間) 月間7GB以上利用すると、その月は通信速度が128kbpsになる通信制限がかかる。

※自宅の光回線などでBIGLOBEを使っているBIGLOBEユーザーはここから200円引き/月
※ギガ放題プランで3日間で3GB以上通信された場合はWiMAX2、auLTEは緩い速度制限がある場合があります。
 
BIGLOBE WiMAXは、auユーザーならauスマホの月額が最大934円お値引されるauスマートバリューmineの適応可能です。
 
auスマートバリューmineの詳細はこちらの記事から
 
初月は月額が無料!
 
・オプション

オプション名 月額 内容
LTE オプション 1,005円/月 au LTEが利用できる。

Biglobe WiMAXとは

Biglobe WiMAXのサービス開始は2009年7月からで、ヤマダ電機や、ビックカメラ、ヨドバシカメラなどと並び、WiMAXの初期からのMVNO(仮想通信事業者)です。MVNOはざっくり言うと回線もセットのプロバイダだと思ってもらえればいいかと。

 

Biglobeとは

まず、Biglobe WiMAXを運営している会社Biglobeについて解説します。

 

Biglobeは元NEC関連の、地球のマークでおなじみの老舗プロバイダです。

 

フレッツ光のパンフレットにも、こんなプロバイダもありますみたいな感じで乗ってますし、
NECのパソコンにBiglobeの広告って出ていたので、それで知っている方も多いと思います。

 

大手で安定している会社なんです。

 

最近では格安SIM、格安スマホのサービスを開始し、そちらも人気ですね。
ビッグローブスマホのご紹介

 

Biglobe WiMAXはクレジットカードなしで申し込み可能

WiMAXサービスを運営するほとんどのプロバイダは申し込みにクレジットカードが必要ですが、
Biglobe WiMAXに関しては、クレジットカードなしの口座振替で申し込みが可能です。

 

WiMAXをクレジットカードなしで契約する

 

Biglobe WiMAXのサポート内容

BiglobeはWiMAXプロバイダの中でもサポートがすぐれているという部分で人気があるプロバイダです。

 

インターネットでWiMAXを申し込んだ場合のサポートは店頭ではなく、電話サポートだったり、メールサポートになるのですが、
Biglobeの電話サポートはフリーダイヤルですし、メールの返事も早いです。

 

インターネットサービスのサポートは普通フリーダイヤルだろ!と思われる方も多いとは思いますが、
他の格安プロバイダの場合電話は東京03から始まる有料ダイヤルの所もあれば、電話サポートはない。

 

メールでのサポートのみという会社もあるんです。

 

商売のやり方が日本的ではないというかなんというか、その分還元しているんだから、ある程度のことは自分で解決してくださいという会社ですね。

 

家電量販店でも、安売りを売りにしているお店は店員がいないとか、売ったら売りっぱなしとかで少し問題になっていますよね。

 

某雑誌で、某家電量販店は店員がいないからお客様満足度ワースト1位に輝いて、逆ギレした家電量販店は裁判を起こすなんてこともありました。

 

別にヤマダ電機さんのことを批判したいわけではないですが。

 

ということで、話が少し脱線しましたが、お店やサービスを利用して対応の部分で今までに嫌な思いをされたご経験のある方はBiglobeでの申し込みが無難ですね。

 

 

ただ、少し注意していただきたいのは、Biglobeにしても、niftyにしても、So-netにしても、本家のUQなどはサポートに定評のあるプロバイダではありますが、

 

サポートセンターのオペレーターは皆が皆プロフェッショナルではないので、完璧な対応を求められると少し拍子抜けする場合があるのでご注意ください。

 

アクオスで有名なシャープも、日本的なやり方で経営不振に陥っていますからね。
今の時代、日本的すぎるサービスを重視すると、ビジネスの部分でこけるんですね。はい。

 

こちらの記事もお勧めです!
nifty WiMAX キャンペーンと評判
So-net WiMAXキャンペーンと評判
GMOのWiMAX キャンペーンと評判

BIGLOBE WiMAX キャンペーンと評判

↑当サイトWiMAXランキング経由ですと、回線事業主様のご厚意により、公式ホームページよりもお得な条件でお申込み可能ですので、よろしければ参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加