iphoneでYoutube動画読み込まない

iPhoneでYoutubeの動画を読み込まない原因

こんな経験ございませんか?

 

iPhoneでYoutubeの動画を読み込まない原因

 

Youtubeの動画がiPhoneやスマホでなかなか読み込まれない。そういったご経験はございませんか?

 

Youtubeの動画が読み込まれない、再生されても遅い原因は大きく分けて3つあります。
 
1. Youtubeのサーバーが重い
2. スマホ本体の動作が重い
3. 回線の問題

Youtubeのサーバーが重い

原因がYoutubeのサーバーが重い場合は、Youtubeのサーバーに問題がありますので、対策のしようがありません。

 

夏休みや、夏休み、大型連休などは、動画サイトを見られる方が増えるのでサーバーが重くなって、再生がしにくいことがございます。

 

この場合の対策方法はございません。

 

 

iPhoneでYoutubeの動画を読み込まない原因

 

ちなみにサーバーが重いとは、ザックリ言うと、Youtubeのデータ保管庫にアクセスできる人には限りがあります。そのデータ保管庫に、動画を見たい人が一斉に訪れて混み合っていて動画が見れない状態のコトを言います。

スマホ本体の動作が重い

 

iPhoneでYoutubeの動画を読み込まない原因

 

原因がスマホ本体の動作が重い場合は、iPhone、スマホのアプリがいっぱい起動している状態になっていたり、スマホの機種自体が古くって今のVer.のアプリを動かすことに手こずっていたりするとなります。

 

原因が前者の場合は、使っていないアプリを終了させることで対策可能です。
アプリの終了方法は、機種ごとにやり方が違いますので、自分の機種名などで検索して調べてみてください。「機種名 アプリ 終了」とかで検索すれば出てくると思います。

 

原因が後者の場合はスマホの買い替えを検討しましょう。

 

しかし個人的にはスマホの動作が重いので動画が読みこめない経験はないんですよね。スマホの動作が重い場合は強制終了されてトップ画面に戻る場合が多いです。

 

回線の問題

 

iPhoneでYoutubeの動画を読み込まない原因

 

動画が読み込めない原因が、回線の場合は、その中でも3つの原因があります。

 

まずは単純に、「電波が悪い。」電波が悪いことが原因の場合は、電波の良い場所に移動すれば対策可能です。電波の良い場所に移動しましょう。

 

もう一つの原因は「回線が込み合っている。」です。電波は良くても回線が込み合っていると、インターネットの読み込みが遅くなります。

 

Youtubeは、テキストサイトなどに比べ比較的容量が大きいためインターネットのサイトを見るよりも表示されにくい傾向になります。人が密集している場所ですと、回線が混みあいやすくなりますね。

 

そして最後に、「月々の通信使用量をオーバーしているため速度制限がかかる。」です。

 

スマホやiPhoneを使って、インターネットの使用量が多すぎると帯域制限という名の速度制限がかかります。

 

長ったらしいので、こちらで端折って書くと、docomo、Softbank,auは、月に通信を7GB以上行うと通信速度が制限されます。

 

「なんか今月中ずっとYoutube見れない〜。ケータイ壊れたかな?」なんて思われた方は、帯域制限が原因かもです。

 

帯域制限を解除する場合は、2,500円を契約しているキャリアに払うことで、2GB分のパケットを追加で買えるので、解除できます。
2GB追加購入しても足りない場合はさらに、2GB追加でパケットを買えます。

 

帯域制限にならないようにするには、控えめに通信を行い通信量を抑えましょう。
対策方法は、通信を節約するか、Wi-Fiを利用しましょう!

 

格安プロバイダでWiMAXを契約すると月額2312円でどこでもインターネット使い放題。
docomoよりYモバイルよりも安いWiMAX

iPhoneでYoutubeの動画を読み込まない原因

↑当サイトWiMAXランキング経由ですと、回線事業主様のご厚意により、公式ホームページよりもお得な条件でお申込み可能ですので、よろしければ参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加