WiMAX2+は今後どうなる?

WiMAXとWiMAX2+の違い、そしてお互いのこれからのこと

WiMAXがWiMAX2+になりました

いえまだお互いに共存している状況ですが、WiMAXからWiMAX2+への切り替えが現在進行中でございます。WiMAXからWiMAX2+になるとざっくり言って今までよりスピードが速くなることが1番大きなメリットなんですが、今回の記事ではWiMAX2+になって起こるデメリットも交えつつWiMAX2+の速度ですとか、まだ使えるWiMAXのコトを書いていきますよ。

 

と、その前に
そもそもWiMAXって何?WiMAXと聞いてもピンとこない方向けにWiMAXとは何かを書いたページがあるので参考にしてください。↓
WiMAXってそもそも何?

WiMAXとWiMAX2+の違い

速度の違い
WiMAXは下り最大40mbpsですが、WiMAX2+は下り最大110mbpsのサービスです。WiMAX2+はWiMAXと比べ約、3倍のスピードで高速なインターネットを利用できるわけです。
そして2015年3月から、WiMAX2+は下り最大220mbpsにスピードアップを予定しております。110mbpsでも十分高速なのに、ますます回線スピードがアップしちゃうんですね(゚Д゚) 
WiMAXの速度の5.5倍・・・!!!
逆にWiMAXは下り最大40 mbpsから、下り最大13.3mbpsに速度低下します。。。
なので今後はWiMAXは下り最大13.3mbps、WiMAX2+は下り最大220mbpsのサービスということになりますね。

 

要するにこれはWiMAXで使っているアンテナをWiMAX2+に使うということらしいです。
アンテナ2本のWiMAX2+にWiMAXからとってきたアンテナ2本を足して合計アンテナが4本になるので2倍の下り最大220mbpsになるということですね。

 

このアンテナを動かして足すことをキャリアグレーションと言うみたいです。110mbpsの場合は入力アンテナ、出力アンテナ共に2本でしたので2×2 MIMOでしたが220mbpsの場合は各4本のアンテナを利用するので、4×4 MIMOと言います。この4×4 MIMO技術は世界初とのことですね。すごい!

 

WiMAX2+の今後

将来的にはさらにアンテナを4本増やすぞ!と、8×8 MIMOに対応させるぞ!という計画もあるようです。となると下り最大440mbpsのサービスが開始するようです(゚Д゚)
ちなみにMIMOはミーモでなくマイモと読むみたいです。マルチインプット、マルチアウトプットの略ですね。

 

WiMAX2+、220mbps対応のルーターは現在1種類発売中で、3月にはもう一種類発売予定ですよ。

WiMAXとWiMAX2+の料金の違い

WiMAXの定額Flatプランは、1年契約で使い放題3696円/月のサービスでしたが、WiMAX2+は2年契約で使い放題のプランギガ放題ですと4,380円/月ですね。

 

使い放題プランは約680円高くなってしまいました。WiMAX2+のWiMAX2+が使い放題でないFlatプランですと、WiMAX2+に関しては速度制限がかかりますが、WiMAXは使い放題でご利用できますので、WiMAXをメインで使って月々の料金を抑えたい方はWiMAX2+Flatプランをご利用ください。
WiMAX2+の高速インターネットを使いたい方はギガ放題プランを選びましょう!!

WiMAXとWiMAX2+のエリア

WiMAXのエリアとWiMAX2+のエリアの違いなんですが、ぶっちゃけあんまりわからないです。ただ最寄駅まで徒歩1時間かかる、すごい田舎の僕の実家もエリアに入ってます(^O^) 快適に使えてます。なので、WiMAXとWiMAX2+のエリアはあまり変わらないと思います。ただ細かい部分で、WiMAX2+の電波が入らない部分もあるかもしれないです。
なので、そんな時はWiMAXの電波を利用しましょう。もしくはauLTEの電波を利用しましょう。

 

こちらでWiMAXツープラスプラン、ギガ放題プランのことについて詳しく書いておりますので参考にしてください↓

 

WiMAXルーターには、WiMAX2+220mbps対応のもの、WiMAXには対応していないもの、auLTE対応のものなど端末によって違いがあります。
詳しくはこちら↓
WiMAXルーターはどれがオススメ?対応回線と本体重量とバッテリーの持ちなどなど

WiMAXとWiMAX2+の違い、そしてお互いのこれからのこと

↑当サイトWiMAXランキング経由ですと、回線事業主様のご厚意により、公式ホームページよりもお得な条件でお申込み可能ですので、よろしければ参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加