Wi-Fiの使い方

Wi-Fiってなに?ウィーフィーじゃないよ。

Wi-Fiの読み方

 

 

Wi-Fiってなに?ウィーフィーじゃないよ。

 

「Wi-Fi」の読み方は「ワイファイ」です。「ウィーフィー」ではありません。僕は昔家電量販店で働いていたのですが、Wi-Fiのことをウィーフィーと言っているお客さんがけっこう多くて突っ込むにも突っ込みづらくて、突っ込めませんでした。

 

どのくらい突っ込みづらかったかというと、鼻毛が出ている人に「あなた、鼻毛出てますよ!」と教えてあげるくらいですかね(´・ω・`)

 

個人的には、「ワイファイ」でも、「ワンチャン」でも、「ウィーフィー」でも、「ヒーハー」でもなんでも好きな呼び方すればいいと思うんですけど、一応正式には「ワイファイ」らしいので、「ワイファイ」と読んでおきましょう。

 

Wi-Fiって何に使われているの?

主にパソコンや、タブレット、スマートフォン、ゲーム機、テレビや、プリンタに使われています。インターネットでサイトを見たりすることや、ゲームの通信対戦、スマホに入った写真の情報を無線でプリンタに送って印刷なんてことに使われています。

 

Wi-Fiの意味

「Wi-Fi」はワイヤレスフィデリティーの略です。オーディオ用語で、ハイフィデリティ―の略語で「Hi-Fi」というのがあったのですが、多分そのノリで「Wi-Fi」ってつけたんだと思います。ちなみに、フィデリティーの意味は忠実とか、そんなような意味で、要するに忠実な無線、きれいに飛ぶ無線という意味。

 

Wi-Fiって要するに何なの?
「Wi-Fi」は、「無線LAN」の一種で、規格の名前です。ですが、一般化している、「無線LAN」は、「Wi-Fi」なので、「Wi-Fi」=「無線LAN」と思っておけばいいと思います。

 

「無線LAN」が何かと申しますと、無線で、LAN=ローカルエリアネットワークに接続できるということです。

 

ローカルエリアとは、狭い範囲のことです。だいたい「Wi-Fi」のカバーできる範囲は、自宅の中とか、お店のワンフロアとかそのぐらいです。

 

 

Wi-Fiが使いたい、Wi-Fiを使うには

「Wi-Fi」を使うためには、基本的にインターネットサービスへの申し込みが必要です。
光インターネットやADSL、ケーブルテレビなどでインターネットサービスを申し込んでいる、もしくは申し込もうと思っていて、かつ、「Wi-Fi」を使いたい場合は、無線ルーター(Wi-Fiルーター)を購入すれば「Wi-Fi」が使えるようになります。

 

「Wi-Fiルーター」を接続すれば、自宅まで来ている光ケーブルの線や、ADSLの線を無線にできます。

 

インターネット契約先によっては無線ルーターの貸し出しを有料でやっているところもありますが、買った方が安い場合が多いので、無線ルーターはレンタルしないで、買いましょう。

 

WiMAXやYモバイルといったモバイルインターネットというインターネットサービスに申し込んで、「Wi-Fi」を使う方法もあります。モバイルインターネットのメリットは、工事なしで、自宅以外のどこでもインターネットが使えるというところです。どこでも「Wi-Fi」を使いたい方は、モバイルインターネットを申し込みしましょう。

 

モバイルWi-Fiルーター(モバイル無線ルーター)は、申し込み時に購入しましょう。キャンペーンで0円で購入できる場合が多いです。

 

お店で「Wi-Fi」を使いたい場合。マクドナルドや、カフェなどでも「Wi-Fi」が使えます。これはお店まで来ているインターネットの線を、「Wi-Fi」にして、無線で飛ばし、お店にいるお客さんが使えるサービスです。

 

「Wi-Fi」が使えるお店には、「Wi-Fi」が使えるシールが貼ってありますので、シールが貼ってあるサービスに申し込みされている方は、お店で「Wi-Fi」が使えます。お店で飛んでいる、「Wi-Fi」のことを公衆無線LANと呼びます。

 

公衆無線LANのサービスはソフトバンクやドコモなど、通信キャリアが運営している場合が多いです。サービスに申し込みしない方も使える無料の無線LANも一部あるそうですが、まだあまり日本では普及していません。海外だとかなり使える場所が多いようです。駅や広場など。

 

WiMAXルーターW01,WX01をご紹介

 

Wi-Fiってなに?ウィーフィーじゃないよ。

↑当サイトWiMAXランキング経由ですと、回線事業主様のご厚意により、公式ホームページよりもお得な条件でお申込み可能ですので、よろしければ参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加