ADSLが遅い時の対策

ADSLって遅いの?

ADSLの速度はNTTの電話基地局からの距離で変わります。

線路距離が長くなればなるほど速度は遅くなりますので、50Mbpsのプランに申し込んでいても、実際には1Mbpsも速度が出ていないことがあります。1Mbps出ていれば、テキストサイトや、あまり重すぎない画像データなどもすばやく表示されますので、ショッピングサイトやニュースサイト等を利用する分にはあまりストレスを感じませんしYoutubeの通常画質なんかも快適に見えるかと思います。

 

それらが快適に利用できないのであれば1Mbpsの速度も出ていないと考えられます。

 

回線速度を計測するサイトがあるので速度を1度確認してみると良いかもしれません。回線速度をチェックしてみてあまり速度が出ていないようでしたら、基地局からの距離を調べてみましょう。
基地局からの距離が遠い場合は元々の環境が悪いので、もっと高速なインターネットを使いたいのであれば、他のサービスへの切り替えを検討してみるのが良いでしょう。

 

基地局から近くても電線が細く他の電波などの干渉を受けやすい場合もございます。近くに鉄塔が立っていたり、工場がある場合は、そこからの電波の干渉によって通信が妨げられている場合もございます。

 

回線速度は出ているし、基地局からの距離も遠くないのにも関わらず、快適にネットが利用できないのでしたら、もしかしたらインターネット回線ではなくご利用のパソコンの劣化が原因かもしれません。古いパソコンですとデータが貯まってくるので動作が重たくなります。

 

最近はパソコンも一昔前に比べ大変安くなりましたので、買い換えの負担もそこまで大きくないですよ。

 

今まで快適な通信速度で使えていたが、快適に使えなかった場合にはパソコンの劣化以外の要因が考えられます。
ADSLの線はメタル線を利用しているので他の電化製品の干渉によるノイズや、モデムの劣化が原因にあるようです。モデムの劣化が原因であると考えられる場合には、サービス提供業者に相談してみましょう。

 

ADSLの代わりにはどんなインターネットを使えばよい

ADSLよりも安定性が高く高速なインターネットを利用できるのはフレッツ光や電力会社が提供している光インターネットサービスですね。ただし費用が割高になります。

 

ネットでゲームをやるから、とにかく安定している回線を使いたい方、インターネットの料金が多少高くなっても、安定性を重視してサービスを選択したい方は光のサービスを申し込みしましょう。

 

光のインターネットを申し込む際は実際に使わないオプションの加入を勧められる場合があります。入りたくないものは断ればよいのですが、キャッシュバックの条件になる場合もありますので、加入必須期間が完了したら、オプションははずしましょう。

 

あとこちらのホームページでオススメしているWiMAX2+もADSLからの切り替えにはオススメです。光サービスより安定はしませんが、下り最大220Mbpsと、最大速度が光回線に匹敵するスピードで利用できるインターネットサービスです。

 

WiMAXってこんなサービスです↓
WiMAXってそもそも何?WiMAXと他インターネットサービスの違い

ADSLって遅いの?

↑当サイトWiMAXランキング経由ですと、回線事業主様のご厚意により、公式ホームページよりもお得な条件でお申込み可能ですので、よろしければ参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加